性病予防・治療ナビ

淋病やクラミジアなどの性病(性感染症)を今すぐ解消するための情報サイト

抗生物質とは?風邪やコンジローマ治療には使えるの?

風邪抗生物質は病気の時に処方される薬で病原体をやっつけてくれるもの、というぼんやりとした知識くらいは誰もが持っていることと思います。
では、正しくはどのような薬なのでしょうか。
抗生物質は体に感染した細菌に対して作用する薬で、殺菌的に働くものと静菌的に働くものの2種類があります。殺菌的というのは菌を直接殺す作用を言い、静菌的というのは菌の増殖を抑える作用を言います。静菌作用はあくまで菌の増殖を抑えているだけですので、病気の状態から回復するには患者自身の免疫力が重要なポイントとなります。
風邪をひいたとき、病院を受診して抗生物質をもらったことがある人は多いでしょう。前述のように、抗生物質は細菌を死滅させたり増殖を抑えてくれるため、細菌が原因となっている風邪の場合には効果を発揮します。しかし、裏を返せば細菌感染以外の風邪には病原となっているものに対処できないため、ウイルス性の風邪の場合には効果を示しません。重度のウイルス感染で細菌の二次感染があったり、その危険性がある場合には治療や予防の意味を含めて処方することに意味はありますが、ウイルス性の風邪で軽度であれば必要ないということになります。細菌感染の場合でも、軽度であれば自己免疫で治りますし、過度の抗生物質の使用は耐性菌を作る場合もあるため、現在では抗生物質の過剰な処方はよくないこととされています。
風邪の際に処方される抗生物質は主症状のある部位や程度を考慮し、様々な種類のものが処方されます。
それに対し、性病であるコンジローマはヒトパピローマウイルスというウイルスが原因でおこる病気ですので、抗生物質は効果を発揮しません。そのためコンジローマ治療には塗り薬や外科治療が用いられます。
このような理由で、細菌・ウイルスが原因となる風邪とウイルスが原因となるコンジローマで治療法には違いがでるのです。