性病予防・治療ナビ

淋病やクラミジアなどの性病(性感染症)を今すぐ解消するための情報サイト

性病の感染経路と悪化を防ぐには抗生物質を投与

日本でも感染者が年々増加傾向にある性行為感染症。その感染経路の多くは性器を通して感染します。性行為感染症はカンジダや淋病、クラミジア、梅毒、HIV感染症などがあります。このうちHIV感染を除くものは、性行為を行うことで感染します。通常の性行為の場合は、性器のみの感染でとどまりますが、オーラルセックスなどを行うと、口腔内にも感染することがあります。またそれが原因で咽頭炎を起こすこともあるのです。その場合は経口感染により、内臓までも病原菌が入ることがあるので、注意が必要なのです。HIV感染の場合は、精液だけではなく、血液感染によっても感染をする可能性があります。そのために、性器から出血をしているようなケースや口腔内の歯肉から出血をしているような場合には、経口の感染経路でリスクがあるということです。HIV感染以外では検査をして性病が確定すると、その病原菌に効果のある抗生物質を使って治療を始めます。その抗生物質に良く反応すると、飲み始めて数日で症状が良くなって軽減した感覚を持つことが多いです。しかし、検査で病原菌がいないことを確認できるまで、しっかり抗生物質を飲み続けることが大切です。もし途中でやめてしまってまだ病原菌が残っている場合には、また悪化してしまう場合があるのです。そして性器を通して感染する感染経路なので、しっかりとコンドームなどで接触を避けることが大切です。改善した場合でもコンドームを使用することは大切です。なぜなら完治してもまた接触によって再感染することもあります。その場合は、更に悪化した症状を持つことがありますし、抗生物質を投与しても耐性が出来て悪化をすることもあるからです。