性病予防・治療ナビ

淋病やクラミジアなどの性病(性感染症)を今すぐ解消するための情報サイト

後天性免疫不全症候群の患者の感染症発症に抗生物質

細菌細菌に対する感染症の治療には抗生物質が用いられるのが一般的であり、細菌の種類に合わせて適切な組み合わせの薬剤が用いられています。身近に見られるような細菌感染症については治療法が確立されているため、感染している細菌の特定から治療に至るまでがシステム化されていて、ほとんどの場合に完治することが可能です。しかし、後天性免疫不全症候群を患ってしまうと免疫系がウイルス感染をしてしまって機能が低下してしまうため、細菌感染に対する抵抗力が著しく低下し、治療を難しくします。そもそも感染症にかかりやすくなってしまうため、後天性免疫不全症候群となると日常的に抗生物質を服用して感染症予防をするということも珍しいことではありません。多くの人には常在している細菌がいますが、それによって病的な症状が発生することはないという状況があります。それは、その細菌によって病気が発症するよりも免疫系の力が勝っているからであり、そのお陰で健康な状態を保持することができています。しかし、後天性免疫不全となると免疫力が低下することから、そういった細菌による感染から症状を発症してしまうこともよくあることなのです。そういった状況への予防策として抗生物質を使用し、不足している免疫力を補っていくというのが基本的なアプローチとなっています。抗生物質を常用する必要が無い後天性免疫不全症候群の患者であっても、感染症の流行が見られる状況になるとその発症を予防するために抗生物質を飲み始めるという対策もよく立てられます。感染症の発症が命の危険になる可能性もあるからこそ、抗生物質を活用することで十分な予防策が立てられるのが後天性免疫不全症候群の患者に対する医療の基本なのです。