性病予防・治療ナビ

淋病やクラミジアなどの性病(性感染症)を今すぐ解消するための情報サイト

もしも性病になってしまったら?

もしも性病になってしまったら?と考えることはあっても、実際にはどうすればいいのかわからないという人も多いです。
性病は自然に感染することはほとんどなく、性交渉によって感染することが多いです。
性器の接触による感染が多いですが、喉などにも保菌していることがあり、性器以外から感染してしまうこともあります。
性器にいつもとは違うかゆみや痛みなどの異常が生じた場合には、まずは泌尿器科や性病科などの医者にかかることが必要です。
実際にどのような状態なのかをきちんと見極めてもらい、適切な処置や、薬を処方してもらうことが、完治までの近道です。
また、性病に感染している場合には、パートナーも感染してしまっていることが多いので、できれば一緒に病院へ行って治療した方がベターです。
もし性病になっていると診断された場合には、病気や状態によってはしばらく性交渉は控えることとなります。
複数の人と性交渉を持ったり、男性の場合は風俗に通っている場合、性病にかかりやすい傾向にあります。
性病に感染した場合、イボやおでき状のものができたり、目に見えて異常がわかることがあります。
排尿時にも大きな痛みを伴うこともあり、切除などの治療が必要となることもあります。